2010年07月09日

手仕事の風景4


続いて、革の野田孝一さんです。
2010FOC_28_05.JPG
「電気ペンを使って お客さんのネーム入れをさせていただきました。英語 ひらがな カタカナ 桃のマークに 家や鍵の絵などなど。決して上手な字や絵では ありませんが 二日間で沢山のお客さんのネームを入れさせていただきました」




次は、木工の小林克久さん。
2010FOC_23_03.JPG 2010FOC_23_08.JPG
「オーバルボックス製作実演を行いました。バンドの切削加工をし、小さな蒸し器で蒸した部材を曲げて銅釘で固定するまで。 普通の木工とだいぶ違う製作工程と曲げ木の作業を実際に見て、興味を持ってもらえたら思って行いました」と小林さん。
「 やっぱり曲げの作業は外では難しかったですね(笑) 実際に木を曲げる時は「オォ〜!」と声が上がったのは、嬉しかったです。 銅釘で留める所など、熱心に質問をされるお客さんが多かったですね。 今後はワークショップなども出来たらと思います」とのコメントを頂きました。




木工の芦田貞晴さんも、熱心に実演をされていました。
2010FOC_63_03.JPG
「四方反り鉋を使って、皿の内ぐりの実演をしました。
一枚の板が器になっていく様子を、一般にはなじみが薄いであろう道具とともに見てもらおうと思いました。鉋が木を削り、削る音とともに香りが立ちのぼり、木片が剥がれ落ちる。そのたびに形が変わっていく。木の種類によって、削る音も香りも、手に伝わる抵抗感もそれぞれちがうことも感じてもらえたらと思いました。そのため、私が実演するだけでなく、見ている方にも実際に削ってもらいました」と芦田さん。
「ただ、天気がよく、テントの外は日差しが強くて暑かったので、実演・体験の時間が短かったかもしれません。接客もしながらなので、はじめの目論見どおりには行きませんでした。それでも、初めて曲面を削るという体験をして、始めはうまく削れなかった人が次第にいい鉋屑が出るようになり、夢中で削り続ける様子を見ると、ものをつくるということの源を改めて感じました。また、並べて置いたいろいろな種類の鉋や材料にも興味を持っていただいたようですし、それらを通じて、製品になる前の段階にも想いを致してもらえたのではないかと思います」との感想を下さいました。





同じく木工の山本美文さんも、おなじみのカメラの三脚を改造して、カトラリー作りの実演です。
2010FOC_47_05.JPG



そして、実演といえば、FOCの看板となっている、木工の森川雅光さん。
今年もおろし板作りの細かな目を削りだす作業をされていました。
2010FOC_16_03.JPG

posted by シンドウヨシコ at 10:51| Comment(0) | FOC2010【第5回】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。