2011年05月02日

2011 ワークショップのご紹介 出展作家ブースの小さなワークショップあれこれ


毎年、出展作家さんのブースでも、
小さなワークショップや実演を企画して下さっている方がいます。
いつもは前もってのお知らせしていなかったのですが、
今回はちょっとだけご紹介しておきますね。
(ブログを見て下さっている方限定の情報です!)


まずは、陶人形作家のさかいゆきみさんです。
素焼きした陶人形に絵付け体験をしてもらうワークショップ(有料)を
以前から展示ブース内で続けて下さっています。
今年は、おひなさま、五月人形、だるまの予定です。
作品は、焼き上げた後に郵送されます。
sakuhinn - 03.jpg


続いて木工の片岡清秀・紀子(kino workshop)さんです。
片岡さんからのコメントです。
『今年も昨年好評でしたクルミの実を使った
「オイルメンテナンス ワークショップ」をご案内したいと思います。
オイル仕上げ(コースターにオイルをすり込み仕上げていただきま
す)を体験していただくことで、
オイル仕上げの家具や器を身近に感じていただき、
お手入れしながら使い込んでいく「木」という素材の楽しさをお伝
えしたいです。』
DSC09179.JPG 1


続いて、判子の尾崎悦子さん(ペブル印房)は
「ハンコと遊ぶ」というプログラムを考えて下さいました。
尾崎さんのコメントです。

・シンプルな模様のハンコを24種類、ご用意しました。
kurashiki01.jpg
・名刺サイズの紙をお渡しします。
・どんな配置にするかデザインするような気持ちで、押してみてください。
(↓例えば、こんな感じでイメージしてます。スタンプインクの色は、他にも
ご用意します。)
http://www.qomono.com/qoblog.php?bloger=p-works#entry_378
・紙の持ち込みも、大歓迎です。
・無料です。
(カンパ箱はご用意するかもしれません。全額フィールドオブクラフトさんの義
援金の方へ託させていただこうかと考えているのですが・・・)
・できれば、伝言ゲームのように、次の方に【押し方のコツ】などを伝授してく
ださい。(もちろん、適宜ペブル印房もご説明させていただきます。)
来場者同士の会話のキッカケなどになればいいなあ・・と想っております。
・ワークショップというカタチではなく、自由に遊んでいってもらうコーナーに
するつもりです。


続いて、木綿の手紡ぎ手織り作家の磯敦子さんです。
「コットンスピンドルで糸紡ぎのワークショップ」を予定して下さっています。
時間、人数などは以下の通りです。
両日、午後1時30分から2時30分  ¥1000
当日受付 予約先着10名


以上、4組の作家さんの取り組みをご紹介しましたが、
当日、会場にお越し頂くと、別の作家さんによる
サプライズでのワークショップもありますのでぜひお楽しみに〜。
posted by シンドウヨシコ at 12:06| Comment(0) | FOC2011 第6回 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。