2011年07月08日

手仕事の風景5

続いてはガラスです。

まず、蠣ア允さん。
2011FOC_12_03_s2.jpg

2011FOC_12_20_s2.jpg
写真を上手くディスプレーして、
工房での仕事の様子を紹介くださっていました。


次は、ガラスでアクセサリーを制作している江田明裕さん。
2011FOC_20_08_s2.jpg
この道具、なんだか分かります?
2011FOC_20_13_s2.jpg
バーナーなんですって。顕微鏡かと思いましたあせあせ(飛び散る汗)


続いて、艸田正樹さん。
2011FOC_26_19_s2.jpg
吹きガラスの技法の中でも「ピン・ブロウ」という技法を使われているそうです。
2011FOC_26_07_s2.jpg
ただの鉄棒にガラスを巻き取り、
ガラスが柔らかいうちに針で突いてあけた穴に、
濡れた新聞紙で穴を塞いで、水蒸気で膨らませるのだとか。
透明感の高い仕上がりになるのだそうです。
2011FOC_26_11_s2.jpg2011FOC_26_12_s2.jpg
器になっていく様子を段階ごとに実物で展示されていました。


続いて、橋村大作さんです。
2011FOC_69_07_s2.jpg
こちらは実際の道具を持参して、展示されていました。
2011FOC_69_16_s2.jpg


では、残すところ、あとは陶磁だけになりました。
まだまだ続きます。

posted by シンドウヨシコ at 09:56| Comment(0) | FOC2011 第6回 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。