2011年07月10日

手仕事の風景6

手仕事の風景の連載も今回で最終回となりました。
陶人形と陶磁の方々です。

まずは陶人形のさかいゆきみさんです。2011FOC_74_05_s2.jpg
「ゆきみドール」と呼ばれる、可憐な陶人形の制作で有名です。

さかいさんは毎回、絵付け体験のワークショップを開いて下さっています。
2011FOC_74_09_s2.jpg
今年も子ども達に人気でした。
2011FOC_74_12_s2.jpg
だるま、おひな様、こいのぼりなどの絵付けができたようです。


続いては、陶磁の方々です。
(以下の解説は、実行委員で陶芸家の十河さんに追加してもらいました)

まずは、大谷哲也さん。
2011FOC_02_04_s2.jpg
何て美しく揃った仕事。ため息が出ます。。

2011FOC_02_06_s2.jpg
これは寸法を揃えるために必要な物差し(「トンボ」と言います)ですね。



次は、清岡幸道さん。
2011FOC_06_06_s2.jpg
上の大谷さんと同じく信楽在住の作り手さんです。

2011FOC_06_09_s2.jpg
耐熱(直接火に掛けられる)の作品が充実していました。


続いては長島慶明さん。
2011FOC_08_13_s2.jpg
地元岡山の若手!


2011FOC_08_11_s2.jpg
一番手前の順番に倒れているのは「ゼーゲルコーン」という窯の温度を示す道具です。



続いては田鶴濱守人さん。
2011FOC_15_09_s2.jpg
男性的な野性味の中にもセンスが光る作り手さんです。

2011FOC_15_17_s2.jpg
ろくろ成形に使う様々なコテや、うつわに白い刷毛の模様を施すための道具です。

2011FOC_15_15_s2.jpg
底を削る道具。実際の当て方を見せてくれています。


次は福岡彩子さんです。
2011FOC_25_08_s2.jpg
海外(イギリス)で焼きものを学ばれた若い作り手さんです。

2011FOC_25_18_s2.jpg
カラフルなコテはアメリカ製。僕も使ってます(笑)


続いて、木村知子さん。
2011FOC_42_20_s2.jpg
地元から初参加の磁器の作り手さん。染付が素敵です。

2011FOC_42_03_s2.jpg
道具の並べ方も美しい。さすが磁器を扱う作家さんだ!


続いては、谷口 晃啓さんです。
2011FOC_47_05_s2.jpg
使いやすそうな急須が並んでいますね。

2011FOC_47_17_s2.jpg
あ、この方も磁器。常滑の作り手さんです。



次は、角掛政志さんです。
2011FOC_56_05_s2.jpg
型づくりのお皿です。板状にした粘土を自作の型にかぶせて成形しています。

2011FOC_56_10_s2.jpg
急須の茶漉し部分を作っておられます。ご本人は簡単そうにやられていますがこれは神業ですよ。


続いて、十河隆史さん。
2011FOC_63_13_s2.jpg
自分のことを説明するのは難しいなあ。。

2011FOC_63_04_s2.jpg
焼く前の失敗した素地などを展示しました。



次は、市川孝さんです。
2011FOC_66_09_s2.jpg
木製の蓋もご自分で作られているとか。

2011FOC_66_12_s2.jpg
蹴ろくろに成形道具です。種類からして壺を作るためのものでしょうか。


最後は、松村英治さんです。
2011FOC_68_13_s2.jpg
焼き締めの器。何回も焼いてこの雰囲気を出されるんだそうです。実に骨の折れる作業。

2011FOC_68_04_s2.jpg
窯の中に作品を詰めている様子を再現しています。

posted by シンドウヨシコ at 12:46| Comment(0) | FOC2011 第6回 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。